大阪地下鉄路線図

下をクリックして大阪地下鉄路線図を開いてください。



大阪地下鉄路線図



はじめに

毎日、2.29万人以上の人がこの地下鉄を利用しています。年間利用者数でいうと世界で8番目に多い交通機関です。この地下鉄の最大の利点の一つは関西国際空港まで簡単に通えるところです

運行時間

大阪市営地下鉄の電車は午前5時から深夜12時まで運行しています。また毎日運行しています。しかし週末と祝日は平日に比べて電車の運行本数は少ないです。ラッシュの時間帯は3-4分毎に電車が運行します。ラッシュ時間以外は7-8分に1本運行します。また路線によって本数は異なります。

最初と最後の電車の時刻表を路線別にみる。

路線と駅

現在、大阪地下鉄路線図には8路線が色・シンボル・名前別で記載されています。各駅名は路線名の頭文字と駅番号を合わせて表示されています。この8路線の長さは129.9kmあり、123駅で構成されています。さらに10駅をオート・ピープルムーバーでカバーされています。

路線1 御堂筋線

大阪市営地下鉄の1番始めの路線で日本国内では2番目にできたとされています。またもっとも利用されている路線でもあります。正式名称は大阪市高速鉄道第1号線や高速電気軌道第1号線とされています。地図には赤色で「M」と記載されています。この路線は御堂筋通りの北と南のちょうど下に建設されています。

路線距離は24.5kmで全20駅で構成されています。地上に位置している駅もあれば地下にある駅もあります。現在10両編成で運行しています。

路線2 谷町線

路線1と並行して走っています。正式名称は大阪市高速鉄道第2号線や高速電気軌道第2号線とされています。地図には紫色で「T」と記載されています。

路線距離は28.1kmで全26駅で構成されています。多くの政府関係ビルやお寺がある谷町筋まで繋がっています。ほとんどの駅は地下ですが、八尾南駅周辺は地上に上がっていきます。現在この路線では6車両で運行しています。

路線3 四ツ橋線

大阪市高速鉄道第3号線や高速電気軌道第3号線として知られています。この路線も路線1と並行して走っています。路線距離はたったの11.4kmで、全11駅で構成されています。全駅地下に存在します。各電車6両編成になっています。

地図には濃い青色で「Y」と記載されています。

路線4 中央線

この路線は東西線にある中央通りに沿って運行しています。大阪市高速鉄道第4号線や高速電気軌道第4号線として知られています。地図には緑色で「C」と記載されています。

路線距離は17.9kmで全14駅で構成されています。阿波座駅から大阪港駅まで地上を運行しますが、それ以外は地下を走行します。6車両編成で運行しています。

路線5 千日前線

この路線では北西から南西の難波までを運行します。また大阪市高速鉄道第5号線や高速電気軌道第5号線として知られています。地図ではピンク色で「S」と記載されています。

距離は12.6kmで全14駅で構成されています。

路線6 堺筋路線

大阪市高速鉄道第6号線や高速電気軌道第6号線として知られています。この路線は天神橋筋6丁目と天下茶屋を繋いでいます。地図には茶色で「K」と記載されています。

路線距離は8.1kmで全10駅で構成されています。

路線7 長堀鶴見緑地線

この路線は大阪ドームで開催されるイベントに行くときにとても便利です。大阪市高速鉄道第7号線や高速電気軌道第7号線として知られています。日本で初めてのリニアモーター地下鉄として知られています。地図には緑色で「N」と記載されています。

距離は15kmで全17駅で構成されています。全駅地下に位置しています。

路線8 今里筋線

町の東側の北南ラインに位置します。複数の国道や他の路線と交わります。また大阪市高速鉄道第8号線や高速電気軌道第8号線として知られています。距離は11.9kmあり全11駅で構成されています。地図には金色で「I」と記載されています。

南港ポートタウン線

またニュートラムとも呼ばれています。大阪市の住之江区が全自動無人運転車両として提供しています。距離は7.9kmで全10駅で構成されています。地図には薄い青色で「P」と記載されています。